高級賃貸ユーザーの特徴と傾向

高級賃貸マンションに暮らす人について


世の中の賃貸マンションには、それほど家賃の高くない賃貸マンションから、家賃が大変高くなる高級賃貸マンションと言われるものまであります。
前者の場合は、一般的な所得のサラリーマンでも支払うことが出来るものになりますが、後者の場合には、一軒家を購入してローンを支払うよりも高くなるくらいの金額の家賃になりますので、一般的な所得のサラリーマンには支払うことが出来ません。

傾向分析から見えてくる高級賃貸ユーザー像

では、こうした高級賃貸マンションはどんな人が生活をするのかと言いますと、やはり所得の高い人となるのですが、単に所得が高いだけであれば、高級住宅街と言われるところなどで、一軒家を購入して生活すれば良いはずです。
したがって、ここにあえて生活しようという人というのは、単に所得が高いだけではなくて、それ以外にここに暮らして得られるものがあるからこそ、ということになります。
例えば、芸能関係者などは典型的な職業になりまして、テレビ局や演芸場などに近いということが、こうした職業では第一条件になりますし、また昼夜を問わない仕事でもありますので、一戸建ての家を所有しても管理をすることが出来ないという問題もあります。

セキュリティ性の高さと利便性の良さが求められる

また、こうした物件というのは、一軒家などよりもセキュリティーがしっかりとしているので、外部からファンやマスメディアなどの取り巻きから隔離することが出来るという長所があるのです。
こうしたセキュリティーがしっかりとしているということから、芸能関係者だけではなくて、海外の大使などが暮らす場所として選択されることもあります。
また、そこに暮らしていることが、一種のステイタスとして捉えられることもありますし、そこで交友関係が広がる可能性もあるので、投資家などが住まいとして選択することもあります。