アベノミクス以降、高級賃貸マンションが人気となってきています

日本の首都圏で高級賃貸マンションが増えている理由

日本という国は島国で山が多いという特徴があるために、住宅などに用いることのできる土地が狭いので、この狭い土地を有効に活用するためにマンションがとても多く建設される傾向があります。
マンションのタイプとしては、買い取りのマンションと賃貸マンションがありますが、マンションの土地そのものは共同の所有物ということになりますので、全体としては賃貸マンションが多くなります。

マンション事情は景気や経済状況を反映する

さて、こうした賃貸マンションは、一般的なワンルームマンションなどの料金の安いものが、バブル景気以降は建設されることが多くなっていました。
これは、日本の景気があまり良くなくて、全体として物価が下がるデフレになっていましたので、あまり料金の高いマンションには人気が集まらなくなっていたのです。
この点から言うと、料金の安いワンルームマンションは、比較的入居率が全国的にも安定していて、建設投資をするにはそれほど大きな利益は出ないものの、安全な方法として捉えられてきたのです。

時代のトレンドは分譲マンションから高級賃貸へ

ところが、政治というのは国民の選挙によって大きく変化するもので、選挙の結果としてデフレ脱却を推進することを行いましたので、現在は輸出関連企業を中心に、業績がとても良好な状態になって、株式相場も大きく上昇することになりました。
こうしたことから、給与所得が上昇する企業が増え始めたこと、先述の株式相場で利益を得た人など、いくつかの良好な条件が増えたので、消費に対する意欲が伸び始めてきたのです。
そこで、最近はこうした消費意欲が住宅にもあらわれまして、高級賃貸マンションの人気が急速に高まるようになりました。
このため、都心部を中心に新築の高級賃貸マンションは満室の状態が続いています。